WATERS takeshiba

ビジョン

2020年「竹芝」が変わります!
それはあたらしい
東京時間のはじまり

ロンドン、シンガポール、
上海、ニューヨーク…。

今、世界中の都市が、
その魅力を競っています。

竹芝が生まれ変れば、
東京の魅力もきっとアップする。

そうした想いから
「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)
はじまりました。

それは、都心にいながら心うるおう場所。

海からつづく水面に臨み
浜離宮を望む

水面のゆらめきや海からの風の匂いは
自分と向き合う、おだやかな時間を
ここから発信される文化やアートは
脳や心を心地よく揺さぶる
新鮮な刺激を

そんな、つぎの豊かさを生み出す
「まちづくり」を

私たちは自ら考え
世界の人々に向けて

発信していきたい。
そう考えています

ネーミング

WATERS takeshiba
それは、都心でありながら
東京の水辺という

自然に包まれ、心豊かになれる場所

WATERSと複数形にしたのは
多様な空間や施設を配することで
世界から人々が集い

そこから、多彩な
アクティビティが生まれる

そんな、あたらしい「場」で
ありたいからです